社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

4月から公益法人

写真   社団法人・熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は4月1日から、公益社団法人として新たにスタートする。税制上の優遇措置により、善意銀行への寄付がしやすくなるという。

 善意銀行は1963年発足。善意で提供された金銭や物品を預かり、社会福祉施設などに払い出してきた。こうした活動が評価されて今月21日、県から公益社団法人としての認定を受けた。

 公益社団法人に対する寄付金については、法人の場合、損金処理が可能となり、個人の場合も所得から控除される。善意銀行事務局は「社会的信用も高まり、より多くの寄付をしてもらえるのではないか」と期待する。

 28日には、公益社団法人として初年度となる2012年度の予算総会が熊本市の熊日本社であり、委任状を含め80人が出席。経常収益を約2600万円、経常費用を約2800万円、前年度からの繰越金を含む期末残高を約2千万円とする予算案と事業計画案を承認した。(石貫謹也)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」