社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「NPO法人熊本自立支援の会」に~熊本善銀から助成

写真   NPO法人熊本自立支援の会(嶋本勝博理事長 熊本市中央区新町)は、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)からの助成金等でホームレスや生活困窮者の方々へ宿泊施設斡旋・就労訓練・健康相談など多様な自立目的の支援活動を行う。助成金は善意銀行の自主企画事業からの50万円で今回が4回目。10日、熊本市の熊日本社で、同行の津留健一事務局長が「県民からの善意でお預かりした貴重な浄財です」と嶋本理事長(写真右側)に手渡した。同理事長は「ホームレス者の方々には、景気環境の悪化で仕事に就けない若い人が増えている。また、高齢者は就業訓練に病気や精神面のケアも必要でやるべき事が増えている。貴重な財源をいただき有効に活用させていただきます」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」