社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本市の船場さん、400万円を預託

 熊本市北区清水新地の主婦、船場智子さん(78)が、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)に400万円を預託した。

 芦北町の老人施設に入居していた、いとこの行本芳雄さんが88歳で死去。最も身近な親族としてホームから遺産の管理を任された船場さんが、「県民の皆さんの役に立ててほしい。故人も喜ぶはず」と預託を思い付いた。

 熊日本社(熊本市中央区世安町)で受け取った善意銀行の藤野芳太郎専務理事は「県内の福祉向上などに有効に役立てます」とお礼を述べた。(石貫謹也)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」