社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

鶴屋百貨店が50万円預託

写真   熊本市中央区手取本町の鶴屋百貨店(久我彰登社長)は7日、ことし創業60年を迎えたことを記念して、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)に50万円を預託した。

 久我社長が同区世安町の熊日本社内にある熊本善意銀行を訪問。「熊本の皆さんのおかげで創業60年を迎えることができた。何か社会のお役に立てればと思う」と、伊豆会長に預託金を手渡した。

 伊豆会長は「思いを受け止め、行政の手が届かないような福祉分野などに活用したい」とお礼を述べた。(内田裕之)

熊本善意銀行の伊豆英一会長に預託金を手渡す鶴屋百貨店の久我彰登社長(右)=熊本市中央区の熊日本社
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」