社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

スーパー「マルショク」がリンゴ100箱を預託

写真   スーパー「マルショク」(大分市、大久保和彦社長)の阿久根誠取締役(写真右)、廣瀬秀則執行役員が13日、中央区世安町の熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、青森産リンゴ「サンふじ」100箱(1箱約40個入り)を津留健一事務局長に預託した。クリスマスに合わせて毎年預託しており8回目。リンゴは熊日販売店などを通じ、県内50カ所の福祉施設に贈られる。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」