社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

あいおいニッセイ同和損害保険 チャリティ売上金を社会福祉に

写真   あいおいニッセイ同和損害保険熊本支店(熊本市中央区練兵町)の藤澤隆文支店長(写真中央)と寺本昌幸第二支社長(同右)が28日、熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)を訪れ、藤野芳太郎専務理事に「熊本AD倶楽部感謝の集い」の参加費やチャリティ売上金などの10万6500円を預託した。
 熊本AD倶楽部は、同社の地域密着を実現するための取り組みで、「情報提供」「企業交流」「地域貢献」の3つの柱で活動し、会員数は300社。具体的には、企業経営セミナーや地元企業同士の交流会、環境保全・事故防止・各種チャリティ企画活動を地域単位で実施している。
 藤澤支店長は「昨年7月に九州北部豪雨があったので、復興支援として県内特産品のチャリティ物産展を企画、21日に熊本市内のホテルで80人が参加し行われた売上金を持参した」と述べた。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」