社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

千代の園酒造、百歳を祝って日本酒を預託

写真   熊本善意銀行は敬老の日(9月16日)を前に満100歳を迎えたお年寄りのお祝い事業を行っているが、これに合わせて今年も山鹿市にある酒造メーカー・千代の園酒造から特製の日本酒が善銀に預託された。
 8月30日、同社の本田雅晴社長が熊本市の善銀事務所を訪れ、藤野芳太郎専務理事に「百歳万歳」のラベルが貼られた酒の小瓶535本を手渡した。同社は先代社長時代の昭和40年から「長年、苦労されたお年寄りをお祝いしたい」とお酒を贈り続けている。「百歳万歳」はこのためだけのブランドで、市販はしていないという。
 この日、預託されたお酒は善銀が贈るひざ掛けと合わせて、敬老の日までに熊日販売店を通して、県内の100歳のお年寄りに配られることになっている。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」