社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い記念品贈呈 県内580人に

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は13日、本年度に100歳を迎える県内のお年寄り580人に、山鹿市の千代の園酒造が預託した清酒「百歳萬歳」など記念品の贈呈を始めた。敬老の日を前にした恒例行事で、50回目。

 13日は善意銀行の藤野芳太郎専務理事が、玉名市安楽寺の廣瀬ツムさんを自宅に訪ね、清酒と膝掛けを手渡した。

 廣瀬さんは来年2月で100歳。42歳まで小中学校の教師を務め、現在は手芸や短歌、毎朝の散歩が楽しみという。廣瀬さんは「子や孫に恵まれ、教師時代の教え子は今も時々訪ねてきてくれる。幸せですね」と笑顔で話した。

 記念品は各地の熊日販売店を通じて贈られる。(東本由紀子)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」