社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本市全国善銀連絡協が総会 6団体5個人を表彰

写真   全国善意銀行連絡協議会の総会が27日、熊本市中央区の熊本日日新聞社であり、金銭や物品、ボランティアの預託を長年続ける6団体5個人を表彰した。

 熊本善意銀行会長で連絡協副会長の伊豆英一・熊日会長が「シンボルマークの1本のろうそくのように、一人一人の善意を掘り起こし、社会を明るくする活動を続けたい」とあいさつ。2001年からチャリティーコンサートの益金を計300万円以上預託している住友生命熊本支社の竹場昌幸・総合マーケット推進部長らに表彰状を手渡した。

 善意銀行に10年以上務めた人も表彰し、被表彰者を代表して熊本善意銀行の塘添亘男理事が「善銀の原点を心にとめ、今後も努力したい」と謝辞を述べた。

 連絡協は全国28行で組織している。ほかの被表彰者は次の通り。(敬称略)

 ▽預託者 今村武範(熊本善意銀行)東山和子(笠岡愛の同)富山銀行職員組合(富山県同)南部っ子児童会(砺波同)豊橋長生館、永井海苔、鈴木房子(豊橋同)マックスバリュ西尾店(西尾同)田中尚己、中嶋洋(中部同)▽役職者 酒井欽司(熊本同)石倉秀一(富山県同)松井和彦(豊橋同)杉浦明博、安藤善夫(西尾同)澤田英明(高岡同)、小栗夏江(美濃加茂同)

写真は全国善意銀行連絡協議会の伊豆英一副会長(右)から記念品を受け取る預託者=熊本市中央区
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」