社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本中央信用金庫が使用済み切手を預託

写真   熊本中央信用金庫の坂梨昭弘総務部長と池鯉鮒誠総務課長は6月16日、熊本善意銀行を訪れ、この1年間県内19店舗で集めた使用済み切手1.5キログラムを預託しました。同金庫では6月15日の「信用金庫の日」に献血や幼稚園訪問など社会貢献活動を毎年行っており、使用済み切手の預託もその一環で、今回が24回目です。
 坂梨部長に同行した同金庫のマスコットキャラクター「チューちゃん」と「そなえちゃん」が「社会に役立ててください」と切手の入った箱を藤野芳太郎専務理事に手渡し、記念撮影を行いました。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」