社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「グリーンピア三陸みやこ」から預託金

写真   2011年の東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県宮古市の宿泊施設「グリーンピア三陸みやこ」から7月22日、熊本地震の復興に役立ててと熊本善意銀行に寄付金が預託されました。
 寄付金は「三陸みやこ」の利用者や関係者から集められたもので、津波で自宅を失い、いまも宮古市の仮設住宅で暮らす大棒レオ子さんが持参しました。大棒さんは、岩手県の地方紙・岩手日報社が復興への思いを込めて発刊した「熊本支援号外」13000部を益城町や甲佐町の仮設住宅入居者に届けるため、同社の川村公司編集局長らと一緒に熊本を訪れたものです。大棒さんは仮設住宅暮らしで重宝しているという暖簾(のれん)を自らの手で100枚作り、甲佐町の被災者に直接手渡す活動もされました。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」