社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

第二桜ヶ丘保育園が善銀パートナーに参加

写真   第二桜ヶ丘保育園(熊本市中央区、藤院玲子園長)と職員は9月8日、熊本善意銀行(伊豆英一会長)が提案した「善銀パートナー」制度に参加した。同園は30年程前からほぼ毎月、職員有志で給与の一部を善意銀行に預託している。誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である「共生社会」を目指す、「善銀パートナー」の理念に賛同しての参加。
 同園の園児定員は120人で、受け入れ年令は生後2ヶ月から小学校就学時未満。開所時間は7時から21時まで。保育方針として0才から就学までの各々の発達段階に適した保育計画を作成し、子どもが自由にのびのびと人間らしく、そして思いやりのある“まことの保育”“こころの保育”を基本におき「げんげんげんきな体育あそび」「みんみんみんなリズムの表現リトミック」「世界はともだち英語教室」「学研のわくわくタイム」へと展開し、実践保育に取り組み、いのちの尊さ、おかげさま、ありがとうのこころを育てるために、共に学び共に育ち合う保育につとめている。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」