社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

桜ヶ丘保育園が善銀パートナーに参加

写真   桜ヶ丘保育園(熊本市北区、坂本隆子園長)と職員は9月8日、熊本善意銀行(伊豆英一会長)が提案した「善銀パートナー」制度に参加した。同園は30年程前からほぼ毎月、職員有志で給与の一部を善意銀行に預託している。誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である「共生社会」を目指す、「善銀パートナー」の理念に賛同しての参加。
 同園の園児定員は110人で、受け入れ年令は生後2ヶ月から小学校就学前まで。平日の開所時間は7時から20時まで。休園日は日曜、国民の休日、年末年始。豊かな宗教的情操と行き届いた環境の中で、健やかな心身を養い、命の尊さ、おかげさま、ありがとうの心を育てる「まことの保育」に努め、子どもの幸せな生活を守る。
 平成15年に許可を受け、保育園に隣接した桜ヶ丘児童館を開設、異年齢の多くの友だちと触れあいの場、創造力を伸ばす場、社会性を培う場として運営している。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」