社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

上熊本商栄会青年部など地域奉仕で4団体を表彰

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日会長)は20日、2016年度の地域ボランティア賞4団体を発表。受賞団体を代表として熊本市中央区の上熊本商栄会青年部(平野吉晃部長、10人)を表彰した。

 同青年部は2011年の設立以来、JR上熊本駅周辺の清掃活動を月1回実施。2年前から「森の都クリーン活動」と銘打ち、清掃しながら夏目漱石ゆかりの地を散策するなど、住民にも参加を促して地域の魅力の再発掘に取り組んでいる。

 表彰式は中央区の熊日本社であり、熊本善銀の藤野芳太郎専務理事が、平野部長に表彰状と助成金5万円を手渡した。平野部長は「地域コミュニティーの向上につながっている実感がある。これからも続けていきたい」と話した。(上田良志)

 他の受賞団体は次の通り。大津東小放課後子供教室「風の子教室」(大津町)▽人吉二中(人吉市)▽人形劇ぶっくる(菊陽町)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」