社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

善銀パートナー 第一生命保険熊本支社が預託

写真   第一生命保険熊本支社(熊本市・秋元滝範支配人熊本支社長)は3月27日、熊本県復興支援金13万円を熊本善意銀行(会長・伊豆英一)に預託した。同時に、「善銀パートナー」制度の趣旨に賛同し参加を表明した。
 預託金は2016年7月19日から同年8月31日までの第2回「震災復興支援キャンペーン」と、同年9月1日から10月19日までの第3回「震災復興支援保障の確認キャンペーン」で、応募につき1枚20円を同社が寄付するという事で集めたもの。
 第2回キャンペーンの賞品は県内の被災した企業から購入し、応募をいただいた方から抽選で300人にプレゼントをするなどし、県内の企業復興も支援した。
 秋元支配人と奥野哲也副支社長が善銀を訪れ、「被災された県内の社会福祉施設のために使ってください」と寄付金を河島健一理事に手渡した。(写真右は秋元滝範支配人)
 4月11日には1万円を預託、善銀パートナーとしての同社の支援策を、今後も検討して行くことになった。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」