社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

「心も明るく」 益城町、西原村に投光器を贈呈 熊本桜友会と善銀

写真  熊本地震からの復興に役立ててもらおうと、県内の学習院OBらでつくる熊本桜友会と熊本善意銀行は28日、益城町と西原村にLED投光器各1台を贈った。

 投光器は三脚に取り付けて使用する。高さを1~2メートルの範囲で調整でき、軽くて持ち運びしやすいのが特徴。東日本大震災の被災地で役に立ったとして宮城桜友会(宮城県)から熊本桜友会に届き、善意銀行への預託を経て寄贈した。

 益城町役場の仮設庁舎では、熊本桜友会の酒井欽司会長(75)と善意銀行の井手輝利専務理事(66)が「宮城から届いた、心も明るくなる支援品。いろいろな場面で使ってほしい」とあいさつ。町危機管理課の清水裕士課長補佐(39)は「防災活動など有効に活用したい」と述べた。(久保田尚之)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」