社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

ハッソー(東京)が紙おむつを預託

写真  29日、衛生用品などの製造・販売を手掛けるハッソー(東京)の曽川祐二副社長(49)と斉藤康生財務部長(57)が熊本市中央区の熊本善意銀行を訪れ、182箱を預託した。同社は昨年の熊本地震に際し、県内の金融機関を通じて紙おむつを寄贈。曽川副社長は「支援を継続していこうと預託した。今後も熊本とつながりを持ちたい」と述べた。善銀は老人ホームなど県内の22施設に紙おむつを配布した。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」