社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い記念品 県内645人に贈呈へ

写真  熊本善意銀行(熊本市)は、本年度100歳を迎える県内の645人に記念品の贈呈を始めた。敬老の日を前にした恒例行事で54回目。

 14日は、井手輝利専務理事が、西原村の小森仮設団地で、来年1月に100歳を迎える荒木タツヱさん(99)に、千代の園酒造(山鹿市)から預託された清酒「百歳萬歳」と膝掛けを贈った。

 荒木さんは山西村(現西原村)生まれ。夫を日中戦争で亡くし、雑貨店を営みながら女手一つで一人娘を育てた。21年前に娘にも先立たれ、同村鳥子で娘婿の増永孝徳さん(81)と2人で暮らしていたが、昨年の熊本地震で被災。現在は仮設住宅で生活している。

 「毎日の晩酌が楽しみ」という荒木さん。「仮設住宅も住めば都。近くに顔見知りも多く、毎日散歩しながらみんなと楽しく暮らしています」と笑う。

 記念品は、各地の熊日販売センターを通じて対象者に届けられる。(横山千尋)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」