社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

1個人1団体に感謝状を贈呈

写真  熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は、平成29年度又は長年にわたり顕著な金銭預託や物品預託、ボランティア活動を行った個人や団体を表彰している。ことしは金銭預託された1個人1団体に感謝状を贈った。
 同銀行の井手輝利専務理事が10月1日、木村屋酒店(熊本市中央区)に出向き感謝状を贈呈した。木村徹夫妻は喜び、「これからも続けます」と気持ちを新たにしていた。
 県内の社会福祉施設や地域活動などに預託されたものを払い出す同銀行には、2017年度に金銭417件、物品386件、ボランティア342件が寄せられた。

 表彰された個人・団体は次の通り。

▽匿名(熊本市中央区)
▽木村屋酒店(同市同区)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」