社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

1年間集めた使用済み切手を預託 熊本中央信用金庫

写真   熊本中央信用金庫(沼田雄一理事長 熊本市大江本町)の坂梨昭弘総務部長らが2019年6月17日、熊本善意銀行(伊豆英一会長、熊本市中央区)を訪れ、行員の皆さんが1年間かけて集めた使用済み切手1箱を預託しました。
 坂梨部長が「今年もみんなでコツコツと集めた使用済み切手を、信用金庫の日(6月15日)にお届けしました。どうぞ社会福祉のために役立てて下さい」と言って、同行した着ぐるみマスコットキャラクターの「チューちゃん」と「そなえちゃん」が、善銀の髙野照久理事・事務局長に手渡しました。使用済み切手の預託は27回目で、チューちゃんは「また1年かけて、たくさん集めてきます」と元気に話していました。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」