社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い記念品 県内772人に

写真   熊本善意銀行(熊本市)は、本年度100歳を迎える県内の772人に記念品の贈呈を始めた。敬老の日に合わせた恒例行事で、56回目。

 12日は井手輝利専務理事が、来年2月に100歳になる人吉市西間下町の福原タツさんを訪問。千代の園酒造(山鹿市)から預託された清酒「百歳萬歳」と膝掛けを贈った。

 福原さんは人吉市下青井町生まれ。大村尋常小でプロ野球巨人の元監督、故川上哲治氏と同級生だった。「宮崎キャンプに同級生で応援に行ってました」。

 約20年前に夫・喜一さんを亡くし、1人暮らし。健康の秘訣[ひけつ]は「身体を動かすこと」。日ごろから地域の氏神・老神[おいかみ]神社の清掃活動やグラウンドゴルフの練習に参加。好きな庭の手入れでは「ツツジの剪定[せんてい]などもやります」と福原さん。「これからもいただいた命を大切にしたい」と話している。

 記念品は各地の熊日販売センターを通じて対象者に届けられる。(吉田紳一)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」