社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

木村屋酒店が善銀パートナーに参加

写真   合名会社木村屋酒店(熊本市中央区、木村徹代表社員)は10月11日、「善銀パートナー」制度に参加した。同酒店は「熊日紙面で善意銀行の活動を知ったのがきっかけ」で約10年にわたり毎月、善意銀行への金銭預託を続けており、明るく元気な熊本の福祉への貢献という「善銀パートナー」制度の趣旨に賛同された。「細く長く貢献できれば」と話す。
 
 木村屋酒店は城下町の新町に百年余り続く老舗で、木村代表は五代目。かつては清酒の醸造もしており、今も清酒や焼酎は蔵元直送。ワインも年2回、欧州の生産者を訪問している。木村代表は「造り手さんの思いを、お客さんに心を込めて伝えている」と話す。

 店内は壁一面に酒類、醤油・味噌など多彩な品ぞろえ。その一つひとつに、妻の直子さんの手書きのポップが添えられている。常連さんも多く、二人は「お客さんが来てくれる時間をよりよいものにしたい」と笑顔で出迎えている。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」