社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

熊本善銀・地域ボランティア賞 八幡地区協(荒尾市)など7団体

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は17日、2019年度の地域ボランティア賞7団体を発表し、代表として八幡地区協議会(荒尾市)を表彰した。

 八幡地区協議会は14年に設立。毎年夏祭りを開催するほか、有志メンバー12人で結成した創作舞踊劇団「七変化一座」が、荒尾市内の敬老会や高齢者施設などでボランティア上演を続けている。

 同日は、同市の野原八幡宮で善意銀行の井手輝利専務理事が、同協議会代表の前川哲也さん(79)に表彰状と助成金5万円を手渡した。前川さんは「若い人たちも取り込んで、できるだけ長く活動したい」と話した。
 地域ボランティア賞の表彰は16回目。受賞は計133団体となった。(樋口琢郎)

 ほかの受賞団体は次の通り。とみ♡ing(熊本市南区)▽菊池恵楓園ボランティアガイド(合志市)▽くすのき保育園(熊本市南区)▽清和ボランティアさつき会(山都町)▽人吉球磨精神保健福祉ボランティア麦の会(人吉市)▽川尻青年協議会(熊本市南区)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」