社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

100歳祝い記念品 南阿蘇の中村さんら県内の898人へ 熊本善意銀行

写真  熊本善意銀行(熊本市)は、本年度に100歳を迎える県内の898人に記念品の贈呈を始めた。敬老の日に合わせた恒例行事で、58回目。

 16日は和田浩二専務理事が、来年1月27日で100歳になる南阿蘇村吉田の中村スマ子さんの自宅を訪問。記念品のバスタオルと、千代の園酒造(山鹿市)から預託された清酒「百歳萬歳」を贈った。

 中村さんは旧白水村一関の出身。15歳から熊本市で和裁を学び、「手掛けた着物やはかまは、100着は優に超える」と胸を張る。

 50年ほど前に夫保さんを亡くしながらも、5人の娘を育て上げた。今は五女夫婦との3人暮らしで、「苦しい時を経て、今が1番幸せ」。元気の秘訣[ひけつ]は趣味の手芸と時々ある“親子げんか”。「頭と手先を使うのが好き。一生続けたい」と話した。

 記念品は各地の熊日販売センターを通じ、対象者に届けられる。(上杉勇太)

【写真】熊本善意銀行の和田浩二専務理事(左)から記念品を受け取る中村スマ子さん=南阿蘇村
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」