社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

増永組が100周年を記念して50万円預託

写真  総合建設業の増永組(熊本市中央区)の鷹尾雄二代表取締役と甲斐敬文常務が9月30日、熊本善意銀行を訪れ、同社の100周年を記念して現金50万円を預託されました。

鷹尾代表取締役=写真右=は「皆様に支えていただき弊社は今年、100周年を迎えることができました。多くの県民の方々が熊本地震や熊本豪雨で被災され、新型コロナウイルスの影響を受けておられる中、地域の社会福祉のために少しでも役立てていただきたいと思います」と話され、善銀の和田浩二専務理事に手渡しました。

 増永組は大正10年に創業した地場の老舗建設業者で長年、善意銀行会員として活動を支援していただいています。昨年9月にも現金50万円を預託されました。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」