社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

横浜市の米岡さんが50万円預託

写真  横浜市緑区在住の米岡修一さん(69歳)=写真右=が11月4日、熊本善意銀行を訪れ、「児童福祉など熊本のために役立てて下さい」と現金50万円を預託されました。

 米岡さんは熊本市出身で、父親の転勤などで予備校時代までを県内で過ごされました。「新型コロナウイルスの感染拡大などで、経済的に厳しい状況の家庭が増えている中、特に子どもたちの貧困が気になっています。子どもたちには貧富の差がなく、元気に育ってほしいと強く思います」と話され、善銀の髙野照久事務局長に手渡しました。

 米岡さんは東京での仕事をリタイヤされた後、年に数回、実家のあった熊本市を訪れているそうです。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」