社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

九州トリックスと親睦会が歳末助け合いで預託

写真  善銀パートナーの(株)九州トリックス(荒尾市、伊藤幸弘社長)と九州トリックス親睦会は23日、歳末助け合い募金として8万円を熊本善意銀行に預託しました。

 同社管理課の角田優子課長が善銀を訪れ、「自動車部品を製造していますが、今年も新型コロナウイルス感染拡大でアジアからの部品供給が減るなどの影響がありました。コロナで困っている方々や県内の社会福祉のために少しでも役立ててください」と預託金を髙野照久事務局長に手渡しました。

 預託金は同社の従業員で組織する親睦会が呼び掛けて集めた募金に、会社が同額を上乗せ(マッチング)したものです。同社では、社会貢献のために拠出するマッチングギフト制度を設けて、募金活動などを行っています。(募金を手渡す角田課長=写真右)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」