社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

地域に尽くす5団体を表彰 熊本善意銀行

写真 熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は20日、2021年度の地域ボランティア賞5団体を発表し、代表して東片自然公園愛護会(八代市)を表彰した。

 同公園の地元住民らでつくる同会は、1991年に発足。メンバーは現在40~90代の28人で、公園内のトイレ清掃に週2回、777段ある石段や駐車場の掃除に月1回励んでいる。

 この日、善意銀行の和田浩二専務理事が同公園で、同会の片山民雄会長(75)に表彰状と助成金5万円を手渡した。片山会長は「公園は地元の宝。訪れる人が気持ち良いように、これからも笑顔で活動していきたい」と話した。

 地域ボランティア賞の表彰は18回目。受賞は計146団体となった。(元村彩)

 ほかの受賞団体は次の通り。▽高平台校区7町内自治会(熊本市西区)▽川尻校区防犯協会(熊本市南区)▽紙芝居とわらべ唄の妻籠座(菊池市)▽阿吽[あうん]の会(人吉市)

【写真】地域ボランティア賞を受賞した東片自然公園愛護会のメンバー=八代市
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」