社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

高橋稲荷神社が初午大祭の神饌物預託

写真  日本稲荷五社の一つ高橋稲荷神社(熊本市西区)が14日、初午大祭にお供えされたデコポン、ミカン、リンゴ、ミニトマト、キャベツなどの野菜や果物、お菓子など段ボール18箱を熊本善意銀行に預託しました=写真。毎年、この時期に預託されており、今回で37回目です。

 同神社の竹内博宮司が善銀を訪れ、「皆様からの心のこもった神饌物です。コロナ禍で多くの方々がご苦労されている中、役立てていただければと思います」と髙野照久事務局長に手渡しました。いただいた神饌物は、県内の社会福祉施設4カ所にお届けしました。

 また同日、熊本城稲荷神社(熊本市中央区)も神饌物のお菓子2箱を預託しました。同神社は昨年12月にもお菓子と果物を2箱預託されています。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」