社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

ダリアなど花の球根5026個を預託 令和3年度に興農園

写真  農業資材や種苗の販売などをしている興農園(熊本市北区植木町、田中穂積社長)から令和3年4月16日、10月25日、令和4年3月22日の3回、善意銀行にダリアやネリネなどの花の球根合計5026個の預託がありました=写真。毎年、花の球根などの預託があり、これまでの預託回数は47回になります。いただいた球根は、県内28カ所の福祉施設に払い出しました。

 払い出した福祉施設からは「たくさんのきれいな花々が咲きはじめ、利用者の皆さんも大変喜んでいます」(障がい者福祉施設)、「お花のおかげで、散歩が楽しみになりました」(児童福祉施設)などのお礼状が届いています。

 興農園では「コロナ禍で外出や面会が制限されている中、咲いている花を見て少しでも明るい気持ちや笑顔になっていただけたらありがたいです」と話しています。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」