社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

子ども食堂の食材購入費を助成

写真  新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、県内の子ども食堂は経済的な影響を受けている家庭などの利用が続いています。

 こうした中、善意銀行では「県こども食堂ネットワーク」と「ひのくにスマイルプロジェクト」(県北部こども食堂ネットワーク)から申請を受け、食材購入費として合計27万5千円を助成。また、「子どもから地域へ拡がれネットワーク」にも25万円を助成しました。

 各団体はオミクロン株による急激な感染拡大で、思うように子ども食堂の開催ができない場合も考慮し、保存ができる調味料などを購入して子ども食堂に配布。活動を支援しています。

 「子どもから地域へ拡がれネットワーク」の野村順子代表は、「コロナで子ども食堂が開催できないところも利用者に食材を配布するフードパントリーなどを実施しています。保存が効く食材は、こうした取り組みでも利用できるため大変ありがたいです」と話しています。(写真右は食材を手渡す野村代表)
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」