社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行ニュース

千代の園酒造が熊本善意銀行に長寿祝う清酒贈る

写真  30日、千代の園酒造(山鹿市)が、300ミリリットル瓶入りの清酒「百歳萬歳(ひゃくさいばんざい)」938本を中央区の熊本善意銀行に預託した。9月の「敬老の日」に合わせ、1988年から毎年継続している。本年度中に100歳を迎える県内の高齢者で希望する人に、熊本日日新聞の販売店を通じて届ける。本田雅晴社長(68)は「家族や身近な人と一緒に長寿を祝い、これからも健康に過ごしてもらいたい」と話した。

【写真】熊本善意銀行に清酒を預託した千代の園酒造の本田雅晴社長(右)=熊本市中央区
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」