社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行からのお知らせ

平成25年度の予算を理事会で承認

写真   熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日社長)は27日、平成25年度予算を審議する理事会を熊本市中央区世安町の熊日本社で開き、予算案と事業計画案を了承しました。

 理事会には理事14人が出席。平成25年度は従来の予算に、50周年を記念した新規事業を加えています。ボランティア活動者が、同行のホームページから社会福祉施設などへ支援できるシステム運用や、50周年記念誌の発行を行います。また、功績のあった預託者・ボランティア団体・正会員に感謝状を贈呈します。

 熊本善意銀行は明るい地域社会をつくるため、さらに「公益社団法人」としての自覚をもって機能の充実・強化・拡充を図り、温かい心をもって社会福祉事業に取り組みます。
善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」