社会福祉・寄付・募金・ボランティアの架け橋|公益社団法人 熊本善意銀行 オフィシャルサイト

熊本善意銀行からのお知らせ

令和2年度定時総会を開催しました

 熊本善意銀行(会長・伊豆英一熊日名誉会長)は18日、熊本市中央区の熊日本社で定時総会を開き、2019年度決算を承認した。預託金収入は575万1千円で、多額の香典返しがあった前年度から18・2%減った。

 障害者福祉団体のイベントへの助成や火災見舞いといった払い出し金は、前年度比4・8%減の863万4千円だった。

 使用済み切手を除くコメや玩具などの物品預託は98件。新規預託は26個人・17団体からあった。高齢者福祉施設での演奏といったボランティア奉仕回数は138回増えて442回となった。

 東日本に記録的大雨をもたらした昨年の台風19号では、熊日や熊本放送と協力して救援金を募り、日赤県支部を通して2586万6千円を贈ったと報告。総会には会員83人(委任状含む)が出席した。(澤本麻里子)


善意福祉の福祉活動の趣旨に沿った善意のボランティア活動であれば、年齢、性別、活動の規模や頻度、地域などに関わらず登録できます。特にこれからの福祉活動の担い手となる若い世代のグループ、個人の登録を期待しています。 ボランティア
登録について
ボランティア
登録書[PDF]
携帯サイト
熊本善意銀行のオフィスへ ロボット募金箱 ロボキンちゃん 福祉支援自動販売機 RKKラジオ「善意銀行巡り」